とってももどかしい♪ 藍様のチンピク我慢カウントダウン寸止めオナニー Mシチュレビュー

アソコをピクピクさせたら変態と言われるまでしごいちゃダメ!
ピクピクすることに制限をつけるカウントダウンオナサポが楽しめるのが「とってももどかしい♪ 藍様のチンピク我慢カウントダウン寸止めオナニー」だ。

とってももどかしい♪ 藍様のチンピク我慢カウントダウン寸止めオナニー

たっぷりのご褒美をあげるけど、絶対にピクピクさせちゃダメ

本作品は、藍様と呼ばれる女性の指示の下、条件付きのカウントダウンオナニーを行うことができるオナサポ系音声作品だ。プレイヤーは藍様のカウント指示に従いながら自慰行為を行う。だが、本作品ではカウントに添って自慰を行う他、大きなルールが指定されている。それがチンピク我慢だ。

プレイヤーがもしアソコをピクピクするような動きをしてしまった場合、プレイヤーはオナニー行為を停止しなければいけない。行為を止めてしまったプレイヤーは手を乳首に当て、動かすことができないお預け的な状態になる。そして、ピクピクした回だけ、藍様が「ヘンタイ」というまでお預け状態を維持しなければいけない。

ピクピクしてしまうとその場でお預け状態になってしまうというゲーム要素のある自慰行為を行わなければいけないのだ。

藍様はカウントをしながらも罵倒やあざ笑い、蔑むような言葉によって心へも攻撃を行う。カウントも増えたり減ったり。速度に変化をつけさせる。変則的なオナニー行為と言動によるピクピク行為を促す。さらに中盤以降はルールも追加されていき、チンピク我慢を基軸として翻弄されるような体感を楽しむことができるのだ。

とってももどかしい♪ 藍様のチンピク我慢カウントダウン寸止めオナニー

個人的に面白かったと思ったのは、最後のルール追加だろう。チンピク我慢では様々なルールが追加されていくが、終盤に追加されるのは相手の女性がいうことと真逆の行為を行うというプレイだ。

残り5分を切って追加されるルールは、彼女が言うことと真逆の行為を行うというルール追加で、抵抗を上手く活用した反逆を活用しているルールだ。それまでに一方的に犯され、焦らされていた行為に対し、その我慢を逆手にとって射精に導くという流れはなかなか面白いシチュエーションだっただろう。

男受け作品として評価するのであれば、
6点だろう。

支配・管理されてしまうようなゲーム性のあるカウント行為は珍しく。独自性の高い自慰誘導作品になっているだろう。演技も非常によく、変化の付け方も多彩で見どころの多い作品だ。

一方で、徐々にルールが増えることやフェイントの多さから状況に追いつくことでいっぱいいっぱいに感じてしまう可能性もあるだろう。

把握しきれずに快感よりも混乱が勝ってしまう可能性もあるため、一発で楽しむというよりかはくり返し楽しんでルールを把握しながら楽しむMシチュ作品という気がするだろう。

繰り返し楽しむことでルールを認識しやすくなり、重ねることで深みが増すMシチュ作品だ。

ダウンロード


同人ダウンロード

藍様のチンピク我慢カウントダウン寸止めオナニーが好きな人にお勧めのMシチュ作品

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す