男性のアソコがレバーになる工場【エロ工場1919パニック!~レバーにまたがる発育娘~】レビュー

営業に訪れたとある工場。
魅力的な女性ばかりの工場で、転職を誘われ、
男性達の仕事場を見に行く主人公。

そこには、男性器をレバーにされ、
扱かれることで電力を発生させる
不思議な工場だった。

今回、紹介する男性受け作品は
『エロ工場1919パニック!~レバーにまたがる発育娘~』だ。

エロ工場1919パニック!~レバーにまたがる発育娘~

著者、丸居まる先生。出版社、大洋図書さんの商業マンガ作品。

主人公は成績不振の営業マン。
次ダメだったらクビという状況で訪れた工場は
魅力的な女性の従業員ばかり。
その上、胸見せ、パンチラと誘惑的な行動を行ってくる。

その工場は男性社員が増えないという悩みも抱えており、
主人公は男性社員として誘いを受ける。
男性社員の仕事場を見た主人公は、今までの誘惑と
刺激的になる飲料を飲まされ、彼女達のもとで
働くのであった。

本作品は表紙等も含めて、全27ページ。
ストーリーも重視された作品で、全ページの
半分以上が回想やストーリーに使用されている。

ストーリー内ではチラリズムなどの誘惑系、
エッチシーン重視の終盤では女性主導のエッチシーンが
楽しめることが特徴的だ。

特に終盤のエッチシーンは、男性の精器をレバーにするという
概念で描かれている。特殊なパンツを履かされた主人公の
精器はレバーとなっており、レバーのようなものを女性が
舐めたり、挿入したりしているのだ。

最終ページにはレバーオンリーのコマも多く、
印象に残る作品だろう。

エロ工場1919パニック!~レバーにまたがる発育娘~
▲サンプル画像より。性行為にもレバー化された精器が描かれている▲

さて、本作品はレバー化された精器を女性が主導するエッチシーンも特徴的であるが、前半のストーリーパートにも注目だ。

少しむっつりスケベな感じも受ける主人公が、
女性の誘惑に示す反応。
また、男性の精器をレバー化して働かせているような様子は、
コミカルな印象も受け、思わずくすっと笑ってしまう場面もある。

丸居まる先生の可愛らしく丁寧なイラストも相まって、
簡易的なエロ重視のストーリー作品としても十分に楽しめるはずだ。

男受けエッチ以外にも物語的な観点で
注目して欲しい作品だ。

男受け作品としての得点としては、6点ぐらいだろうか。
ワンコイン作品としてはストーリーも充実した優秀な作品
である一方、ストーリーの長さ故、誘惑や女性主導の
エッチシーンはテンポが早く、ネチネチ責めるような
姿が少ない印象だ。

ある程度一つ一つのシーンに対して脳内補完が
必要となってくる可能性があるため、大幅な減点となるだろう。

ストーリーも重視した短編作品が好きであればおすすめできるが、
純粋に男受けのエッチだけを求めると、エロ面にボリューム不足を
感じてしまう可能性のある作品だろう。

ダウンロード


同人ダウンロード

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す