特訓?いや、エッチしてるだけ【フェ×ト隊長の痴女レッスン】レビュー

訓練で失敗続きの見習い騎士が、訓練終了後に
体調に呼ばれて来たら、隊長手動でエッチをされちゃう。

そんな姿を描いたのが、
『フェ×ト隊長の痴女レッスン』だ。

フェ×ト隊長の痴女レッスン

見習い騎士が服を脱ぐ命令を受け、やってくると
はち切れんばかりの胸にマイクロビキニをまとった隊長の姿。

視覚に頼りすぎていることを指摘し、気配や魔力は
目が見えなくても伝わるというのを、興奮している息遣いを
例に、説明しながら徐々にエッチがエスカレートしていく。

本作品は『エッチな特訓』という題目が付いているが、
全体としては女性手動のエッチシーンが楽しめる作品だ。

導入部分こそ、視覚を例に訓練のような形でエッチを開始しているが、
途中からは隊長が部下の男の娘を寝かせて、特訓という名の下、
イけない状態で性行為をするという内容になっている。

魔法によって射精できないよう、男根をバインド状態にさせられた
見習い騎士に対し、尻コキやパイズリ、電気アンマ。

最後の最後でも、挿入してもらうことは出来ず、
逆にペニスバンドをした隊長に突かれつつ、オナホで射精という、
なんとも焦らしまくる姿が楽しめるkとおが特徴だ。
 
さて、本作品は全体的に女性主導のエッチが楽しめるが、
一つ一つのシーン枚数が少ないため、少し繋がりが悪く感じるのが
正直な印象であろう。

尻コキをしながら、
「出したくても出せないよ」→「くっ、くうっ!」

という、一方的なシーンが描かれた次のページでは、
「今度は胸で」と、パイズリのシーンが始まる。

焦らすようなメッセージの直後にシーンが変わることも多いため、
少し溜めが少なく感じてしまうだろう。
もう少し、男性が我慢してもがくような描写や、女性が男性を
イジるようなメッセージにボリュームが欲しかった。

各シーン、台詞差分も含めて2枚程度という少なさ故に
ボリュームの少なさが表面化してしまっているような印象を受ける。

その一方、男性が一方的に我慢させられ、最後の最後でも
オナホに射精という焦らし感は、理不尽気ままリないのは
なかなかおもしろ印象だ。

男性受け作品として見るのであれば、
6点ぐらいだろうか。
シチュエーションについては申し分ないと思うが、
もう少場面場面に溜めがあれば、より焦らされている感が
出て、シチュエーションに感情移入しやすかったのではないだろうか。

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す