イジメを受けてた女性を倒す?それとも犯される?【淫魔の夜想曲1R 淫魔と乳房と童貞と】レビュー

異世界に飛ばされ、淫魔を倒す力を得た主人公が、
淫魔となったヒロイン達を倒していくADVとRPGの融合作品、
それが「淫魔の夜想曲1R 淫魔と乳房と童貞と」だ。

 

淫魔の夜想曲1 & 1R 淫魔と乳房と童貞と

 

本作品は精力が多くスケベな主人公が
昔性的いじめを受けていた同級生たちに再開することから
始まる、ADVメインの作品だ。

 

異世界へと飛ばされた主人公は、淫魔と戦う力を取得し、
淫魔となった同級生たちと戦っていく物語である。

 

本作品の特徴としては、ADVとRPGが融合した点であろう。
ADV作品の場合、敵との勝敗は選択肢で変化することもあるが、
淫魔と化したヒロインとの戦闘パートではRPGに変化する。

 

RPGパートでは、バトルファックシステムを採用しており、
敵の攻撃も性的攻撃が中心だ。
主人公を虐めていた体質は変化しておらず、主人公を蔑むような
言葉を発しながら攻撃を行ってくる。

 

RPGの導入により、ADVとしてのテンポは崩れてしまうかもしれないが、
意図せず負けてしまうかもしれないという緊張感を持った
男受け作品を体感することが出来るだろう。

 

また、主人公が蔑まれていた回想シーンにも注目だ。
一部シーンでは、回想に登場した人物や道具をイメージした
イラストも表示される。

 

例えば、同級生たちにオナホを仕込まれ、主人公がオナホを学校に
持ってきていたというようなトラップにハマるシーンでは、
実際にオナホールのイラストが表示される。

 

こういう細かいところでイラストが表示されるのは
場面場面の印象が強くなり、男受け作品としてはイメージが高まって
嬉しい仕組みだろう。

 

ただ、反面主人公の性格が少し折れ曲がっているような
印象を受けるのに注意が必要だ。

 

主人公は同級生たちによって大人のおもちゃを仕込まれてしまうこともあるが、
そのストレスから、仕込まれた道具をおかずとして利用したり、
犯罪のような行動に出たりしてしまうような場面もある。

 

また、ヒロイン達を倒すと、少しSっぽい描写もあるので、
主人公の折れ曲がっているとも感じられる性格によっては、

男性受け作品として集中できない可能性があるだろう。

 

それを補うような簡易アニメーション付きのMシチュなどもあるが、
入り込めないと集中出来ないおそれがあるので、
あくまで普遍的な立場で主人公を見て、感情移入しやすい
戦闘だけ入り込むような楽しみ方をすると良い作品だろう。

 

男受け作品としての得点は6点ぐらいだろうか。
敗北して女性に犯されるというような男受けから
性的いじめのような男受けまでシーン内容が豊富なのが特徴な反面、
Sっぽいシチュエーションが入っていることも

注意が必要な作品といえるだろう。

 

ダウンロード

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す