墜ちた戦士達に吸精【ディバインハート カレン SP ~悪堕ち娘の淫靡な日常~】レビュー

敵組織に敗北し、墜ちた戦士達が人間の姿や半魔族的な姿になって
男性から吸精や、男性を魔族化させるために性行為を行う様子を描いたのが
『ディバインハート カレン SP ~悪堕ち娘の淫靡な日常~』
だ。

ディバインハート カレン SP ~悪堕ち娘の淫靡な日常~

本作品はDLsiteで2014年から開始されている
ぶらんどにゅーすとあの、ディバインハートカレン短編シリーズの
第5作品目だ。

各作品は独立されており、本作品では
本編でモンスターに敗北した正義の戦士、カレンと
ダークネス化した正義のヒロイン、マキナが
人間の男を犯す姿が描かれている。

2話構成で、カレンのエッチシーンが1シーン、
マキナのエッチシーンが4シーン搭載されている。

『ダークネス様の淫靡な日常』では、
学校のトイレに痴女として現るヒロインが、
少年を落とし、魔族化させるシーンが楽しめる。

フェラやキスで男性を性の虜にし、堕落させ魔族化させ、
魔族となった男達で楽しむ、誘惑・痴女に近い
男受け作品が楽しめる。

一方、『ラミアカレンの淫靡な日常』では、
ラミア姿になったヒロインが
チングリ返し状態で男を犯すシーンが楽しめる。

舌でアナルを責めながら、尻尾と手で男を犯し、
栄養を採取しようとするようなモンスター系に近い
エッチシーンが楽しめるだろう。

さて、本作品は元々商業作品がベースにあるだけあり、
イラストのレベルや声、テキストはレベルが高い。
その一方で、シーン数的には5シーンと、同人作品と
比較すると、ボリューム不足に感じる恐れもある。

この辺は、イラストのレベルや、ヒロインボイス付きで
どこまで価格的な価値を感じるかといったところで、
賛否が別れるおそれがあるだろう。

Mシチュとしては、少しテキスト面で物足りない
印象も受ける。
シーン数が少ないため、ひとつの責め方で
長く攻めるようなMシチュ作品なため、押しが少し
弱くも感じてしまうだろう。

可能であれば、もう少しいろんな形で迫るような
動きが欲しかった印象もあるだろう。

得点としては、6点ぐらいと言うところだろうか。
コンパクトに納めすぎていて、少し押しや威圧感が
物足りない印象も残る男受け作品だ。

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す