幼児系モンスターに誘惑されて堕ちる少年【ロリアルラウネの誘惑】レビュー

道に迷った少年が植物モンスター、アルラウネのロリ娘に誘惑され、彼女のペースで性行為をさせられてしまう姿を描いているのが『ロリアルラウネの誘惑』だ。

 

ロリアルラウネの誘惑

 

本作品では、アルラウネと呼ばれる植物系モンスターのリードにより、少年が犯されてしまう様子を主に描いた作品だ。今回登場するこのロリ系アルラウネ娘は、迷った人々に対し、蜜で思考能力を低下させ、そのまま性行為を行い、捕食するという修正を持っている凶悪な魔物だ。

 

主人公である少年も、道に迷ったところをアルラウネに出会った。迷っている中、道を案内されたあなたは、喉が乾いており、親切にもアルラウネの蜜を分けてもらえたのだ。

 

ロリアルラウネの誘惑しかし、その蜜こそが罠なのだ。蜜を飲み、思考能力が低下したあなた。蜜の味も美味であり、もっと欲しいと思ってしまう。そんなアナタに対し、彼女は秘部を広げながらこう囁くのだ。

 

「ここをね なめなめするとね おいしい蜜が たっくさん でるんだよ♪」

 

本作品は思考能力が低下した状態でアウラウネに誘惑され、そのまま彼女のペースで性行為を彼女のペースで行わされてしまう誘惑系作品だ。彼女の蜜は思考能力を低下させる。同時に蜜を洗えながら男根に刺激を与える彼女。勃起してしまったアナタに対し、勃起を治療と言いながら搾取行動に移るのだ。

 

本作品の特徴はアウラウネというモンスター的な特徴を活かしたシチュエーションの数々だろう。彼女は甘い蜜を使い、人々の思考能力を落とし、自らの花の中に男性を取り込み、中で搾取行為を行いながら捕食する魔物だ。本作品では捕食的な行為は描かれていないが、「快感による気持ちよさ」と同時に「捕食されるから逃れなければいけない」という常識をうまく活用した台詞も多い。捕食されてはいけないのにと思いながらも、少女のペースでエッチを求めてしまう姿を楽しむことができるのだ。

 

今作を男受け得点として評価するのであれば、66点ぐらいだろうか。逆レイプ色よりも誘惑色の多い作品であり、1シーン1シーンは比較的よく描かれているだろう。しかし、あまり抵抗が多くなく、かつシーン数が少ない割に少し逆転的とも取れるようなシチュエーションもあるため、少し好みが分かれる可能性がある。

 

管理人としては、もう少しねちねちと攻め落とすような様子や抵抗感が強さにより、より逆レイプされている感が強く出ていると嬉しかった印象だ。

 

ダウンロード

男受け作品レビュー 一覧

 

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

コメントを残す