【human chair】 М男向けボイス4本セット~言葉責め、足コキ中心~100円+税 Mシチュレビュー

同じ言葉を言われているだけなのにピクピクしちゃう!?

言い方一つで雰囲気も変わる、声優さん達の凄さも感じられる言葉責め作品「М男向けボイス4本セット~言葉責め、足コキ中心~」を本日は紹介していく。

М男向けボイス4本セット~言葉責め、足コキ中心~100円+税

М男向けボイス4本セットは低価格系の音声作品を他す雨公開されているサークル・human chairさんが2017年10月に公開された低価格短編音声作品集だ。霜月優さん演じる「S気質な女の子に言われたい言葉」、来夢ふらんさん演じる「ロリボイス娘の足コキ」、はづきこはるさんの「内気な後輩からの言葉責め」、花見川ゆふさんの「ピンク色のヒール履いたお姉さんの足コキ」という4つのお話を収録されている。

特徴的なポイントは、同じセリフを何度も言うという異色なテーマの音声作品が3編ついていることだ。霜月優さんが演じるストーリー以外はなんと基本的に同じ言葉を繰り返すというだけの特殊っぷり。

例えば「ピンク色のヒール履いたお姉さんの足コキ」では「はい マゾ坊やのマゾおち○ちんを私のピンク色のヒール履いた足でグリグリ踏み扱いてあげますね。ピンク色のヒールのお姉さんにおち○ちん足蹴にされて気持ちいい敗北マゾ射精一杯してくださいね」という言葉を言い続け、最後のみ少し変化をつけた台詞という構成になっている。

同じ言葉をいい続けるだけなのだが、この言い方の変化が面白い。同じ言葉の中でも、囁くように言う、いやらしく求めるように言う、威圧的な口調で言うなど、それぞれの作品、各ボイスごとに変化をつけているのだ。それゆえに同じ言葉ながらも変化があり、その変化が興奮を生む。何度も何度も同じトーンで言葉を聞き続けることによって、洗脳のような思考で描かれている作品もある。しかしながら今作はまさに色々な口調で語りかけをしていくがゆえに弄ばれるような感覚にも陥いる。同じ声優さんでこんなにも色々な言い方ができるのかという演技力の凄さも改めて感じていけるほか、そんな声優さん達の声だからこそ情けなく高められていく様子が楽しめるのだ。

最後の最後では、変化をつけているような会話も嬉しいポイントだろう。ただし、最後の会話では「繰り返される言葉」で射精したこと前提で会話が進むことも多い。射精タイミングが掴みづらい点はこの作品の難点といえるだろう。

男受け作品として評価するのであれば、
6点だろう。

面白い施行の作品となっているが、やや射精タイミングが掴みづらい大きい問題点も抱えている作品だ。一方で同じ言葉を色々な口調で語りかけられるという。色んなボイスのスタイルを一気に確認しながら弄ばれている感も味わえるような印象も受ける。

声優さんの口調の変化にドキドキしてしまう人ほど楽しめる作品だろう。低価格作品としては尖った音声作品だ。

ダウンロード


同人ダウンロード

М男向けボイス4本セット~言葉責め、足コキ中心~が好きな人にお勧めのMシチュ作品

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す