関西弁女子に射精管理されるM男子 Mシチュレビュー

関西弁で軽く罵られながら、射精へと誘導してくれる音声作品が「関西弁女子に射精管理されるM男子」だ。

関西弁女子に射精管理されるM男子

「関西弁女子に射精管理されるM男子」は多数の短編ボイスを公開しているアイボイスさんが2017年1月に公開された作品で、関西弁でしゃべる女の子が、一週間射精を我慢してたアナタに対して軽く罵りながらオナニーをさせてる姿を描いた音声作品だ。

「命令されて感じてる……変態ちんぽなんやろ?」

全編5分ほど、効果音などはない音声作品となっており、日常的なリアル感も感じられるテンポの良い音声作品だ。設定としては、彼女のからの命令で一週間射精我慢していたあなた。そんなことを軽く説明しつつ、ペニスを出してオナニーをさせるところから物語は進んでいく。露出させたあとは、普通に日常的な会話に近い口調で軽い罵りを入れてくれることが特徴的だ。罵りは威圧的な傾向でなく、「相変わらずだらしないちんぽ」を始めとした、やや否定的な口調をしゃべってくれるのだが、見下すような口調でもなく、バカにしているような口調でもない。この点は威圧的な射精管理作品と比較するとドS感は少なく感じるかもしれないが、「彼女と普通のエッチでバカにされてる感じ」にも見受けることができ、リアル感のあるような感覚が味わえるだろう。

全体的な口調も、そこまで突出的な抑揚がない。プレイ内容も目の前でしゃべりつつ、シコシコすることで射精ような様子にも感じられる。罵りよりの作品ではあるが、優しさも感じられるような射精誘導のような感覚も味わえるため、全体としては関西弁をしゃべる恋人が射精誘導してあげる日常を味わえるような作品という感じだろう。日常的ゆえ、射精時にはカウントダウンなどもなくちょっとわかりづらい点もあるが、反面自然な感じにも見れるので、日常的にもありえそうな射精誘導を楽しむことができる作品だろう。

男受け作品として評価するのであれば、
7点だろう。

短い作品ではあるが、ワンコインでさくっと楽しむ作品としてはなかなかの作品だろう。少しMなあなたの性格を意識して、関西弁の恋人が射精誘導をしてくれてるような感覚を味わえるような感じもあり、独特の魅力がある作品だろう。

彼女に軽く罵られたいというような願望を味わえるだろう。オナニーのリズムが指定もないので、自分のペースでやれる点も魅力的だ。高価格でもいいので、もう少し長いのも聞いてみたいと思えるような、雰囲気のあるライト男受けな音声作品だろう。

ダウンロード


同人ダウンロード

*DMM同人さんはセット販売の一つとして組み込まれている模様

関西弁女子に射精管理されるM男子が好きな人にお勧めのMシチュ作品

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す