ショウネンとヨルメイド Mシチュレビュー

少年の精液採取がお仕事のメイド達によって
開発しながら気持ちよくイかされていく少年を描いた
低価格HCG集が「ショウネンとヨルメイド」だ。

ショウネンとヨルメイド

美遊穂堂さんが2016年8月に公開された
「ショウネンとヨルメイド」は表紙1枚+本編11枚の
合計12枚で構成されたあまあまM開発系のHCG集だ。

各CGは差分がなく、全て異なるプレイになっており、
大きなイラストの一部に会話中心のやり取りが描かれている。

全11プレイ、複数のメイドさんによって
気持ちよくされながら射精に向かうようなシーンになっている。

詳細な物語の説明はないが、作品紹介ページによると
少年をイかせて搾り取ることがメイドたちの仕事であり、
メイドたちが主導で射精へと導いている。
イメージとしてはお坊ちゃんのような男性がメイドさんに
イかされてしまうような感じだろうか。

今作のMプレイ的な特徴として面白いのは
徐々に開発されているようなプレイだろう。

冒頭は赤ちゃんプレイにようなあまあま責めから始まるのだが、
連続搾取を意識させるような台詞から、アナル責め付きの
足コキでアナル開発、乳首責めをしながら素股。
そしてペにパン責めへと変異していくなど、少しずつ少年を
開発するようなプレイをしながらMよりなプレイへと変化。

少年自体はまさに快楽で気持ちよくされてしまう感じゆえに、
無理やり犯すようなプレイではないのだが、気持ちいいことを
言葉で意識させ、快感をおねだりしてしまうようなプレイは
おねショタよりな感じも受けるだろう。

あまあま責めで絶頂していた少年が最後には
ペにパン的なハードプレイでイくような姿は
開発の目覚めが楽しめるような感覚で独特な印象だろう。

男受け作品として評価するのであれば、
7点だろう。

差分がなく、一つのプレイで一つのシーンが終わってしまうが
全てのプレイ異なるシーンを描き、徐々に少年がハードな責めで
感じていく様子は開発されている感があって面白いだろう。

イラストのレベルも高く、ワンコイン作品としての質は非常に高い。

一方で、逆レイプという視点で見ると、
開発されている一方でメイド達に悪意はない印象であり、
甘く責め立てているような表面もあるように思える。

主人公もイかされてはいるものの苦しみや快感狂乱はなく、
躊躇なく気持ちよくなっているだけとも思える。

お仕事という側面もあり、
一方的感はやや弱く、逆レイプ・男性受け的な要素は
比較的弱い印象も受けたので、
逆レイプ視点での得点としては7点という評価の印象だ。

ダウンロード


同人ダウンロード

ショウネンとヨルメイドが好きな人にお勧めのMシチュ作品

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す