奴隷になれば負け【つかまったら即、逆レイプ学園 ~死に物狂いで俺を犯しにくるオンナたち~】レビュー

男性は転入してきた主人公たった一人。
そんな学園で行われるのがとあるイベント。

3日以内に主人公を奴隷にした女性は願いが1つ叶えてもらえる。
逃げ切れば、主人公は転向することが出来る。

周りは敵だらけの学園ゲームを描いた作品が
「つかまったら即、逆レイプ学園 ~死に物狂いで俺を犯しにくるオンナたち~」だ。

つかまったら即、逆レイプ学園 ~死に物狂いで俺を犯しにくるオンナたち~

Mシチュ系特化のサークル「ディーゼルマインMf」さんの作品だ。
主人公は転校初日から犯される。そんな学園に嫌気をさした主人公は、
転向するために3日間女性たちから逃げ切るゲームに参加する。

学園では、男性は主人公たった一人。
様々な望みを叶えるために主人公を襲おうとする。

本作品の特徴は、逃亡劇という感じの選択肢と王道女性上位シチュ多数の点だろう。

女性から逃亡を行うというルールなため、ところどころどこに行くか選択肢が出る。逃げる場所によってはヒロインが待ち構えており、犯されてしまう可能性も否定はできない。

また、シチュエーションは王道的な女性上位シチュが満載だ。
罵りながら足コキ、手コキ射精後にオナホ愛撫、フェラ行為。

王道的なエッチシーンをしっかりと抑えている印象を受けます。
その一方、各キャラクターのエッチシーンは少なめ。
キャラクターも多いことから、各キャラ2~3シーンほどのエッチシーンしかありません。

また、ルールが「主人公が奴隷宣言」することとのため、
あまり本気度が感じられないゲームな印象も受けた。

数回連続射精を行われただけで主人公が白旗を上げたり、
逆に連続射精で力尽きそうでも、敗北宣言を行わないなど。

緊張感があまり伝わらず、かつゲームを少し活かしきれていなかった
印象が残った。

他の注意点としては「背景なし」のHCGが多いことだ。
本作品は、画面いっぱいの大きめ女性上位HCGが表示されるが、
背景などはそのままであることも多い。同人RPG等でよく使われるタイプのイラストだ。
商業ゲームのような細かい点まで描き込まれていないので、背景等までHCGをこだわる場合は、少し物足りなく感じる恐れもある。

逃亡&奴隷化ゲームという視点では少し弱い印象もあるが、
「出会った女性に犯される」という視点だけで見れば良品だ。
あまりゲームのリアル感などについては、あえてスルーすることを推奨する。

男受けの観点で見れば
【7】点といったところだろうか。

抜き特化のボイス付き男受けシーンが楽しめるという
意識では楽しめる作品だろう。

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す