俺を舐めきってる娘 Mシチュレビュー

ロリ系少女に足や手で一方的に犯され、
一気に逆転して少女を犯す姿を楽しむことができる
HCG作品が「俺を舐めきってる娘」だ。

俺を舐めきってる娘

本作品は2011年9月にまどろみ行灯さんが
公開されたHCG作品であり、後半で男側が上位に
回る印象の逆転ありな展開になっている。

物語は販売ページによれば
「近所の子に弱みを握られた」というバック背景があり、
一方的にも玩具的な感覚で責められるというシーンから
始まっていく。

セリフのないHCG作品ゆえ、細かい描写などはないが、
少女が小悪魔のような表情をしながら、
皮引っ張りてコキ・足コキ・クンニ・尻コキで責め立てる。

しかし、尻コキの直後形勢は逆転で陵辱寄りに変化する。
少女を掴み、挿入。その後もイマラチオや本番行為で
白濁の精液をぶっかけるまで犯すようなシーンを描いている。

俺を舐めきってる娘

さて、本作品は逆転ありきの作品となり、
全48枚中18枚ほどが逆レイプよりのシチュエーションだ。

逆レイプよりのシーンは全部で4シーン。
基本CG4枚+差分とオープニングの画像の1枚。
差分はヒロインの女の子が表情を変えたり、
射精シーン・射精直後と言った感じだろうか。
大きな構図変化を伴うようなものはない。

そのため、全体が射精や表情変化でシーンを
想像していくような傾向があるだろう。
前半は少女がコチラ側をあざ笑うような小悪魔笑顔。
しかし、後半には抵抗しているような表情に見える。

セリフがないゆえ、逆転された後のシーンも
文字などによって直接的に表現されることはないが、
表情などから逆転している感じを味わうだろう。

逆転ありきの作品であり、やや逆転後のほうがCGが多め。
純粋に犯されるだけ楽しみたい場合は、
かなりボリュームが少なくなってしまうだろう。

男受け作品として評価するのであれば、
52点だろう。

シーンに関する解説がないHCG形式の作品で、
逆転ありきの作品ゆえ、Mシチュだけで想像しようとすると
枚数の少なさゆえMシチュを想像し始めたあたりで
後半パートに入ってしまう印象を受ける作品
だ。

オーソドックスなシチュエーションが多く、
表情の変化も類似しているような物が多いため、
少し刺激不足にも感じてしまった。

サークルさんの説明でも
「逆転ありき」という説明がある通り、
犯されるから犯す側に転換するという
シチュエーションなので、
こういった逆転シチュエーション好きという前提の
もとに楽しむ逆レイプ要素のある作品という感じを
受ける作品だろう。

純粋に一方的に犯されるシーンだけ
楽しみたい場合は、やや不向きな印象の作品だ。

ダウンロード


同人ダウンロード

俺を舐めきってる娘が好きな人にお勧めのMシチュ作品

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す