童貞男性が仇と愛する女性のためにビッチと戦う!【THE 童貞防衛隊 ~ビッチ、来襲~】レビュー

逃げ延びた主人公を支えてくれた村がビッチによって壊滅。
村の人達の仇を取るため、ビッチ達と戦う主人公を描いたエロRPGが
「THE 童貞防衛隊 ~ビッチ、来襲~ 『ここは俺に任せろ!』ドピュルルッ!!」だ。

 

THE 童貞防衛隊 ~ビッチ、来襲~ 『ここは俺に任せろ!』ドピュルルッ!!

 

本作品は大きく分けると全4ステージにわかれたアクション系RPGだ。

細かい点はステージによって異なるが、迫り来る敵に捕まってしまったり、何度も接触されてしまうとステージのボスによって犯されてしまう。

 

THE 童貞防衛隊 ~ビッチ、来襲~ 『ここは俺に任せろ!』ドピュルルッ!!

また、勝利時には、相手を犯すような選択肢を選ぶことでS系のエッチシーンも選ぶことが出来る。

ただし、比較的本格的なSシチュのため、男受け好きなプレイヤーは回避推奨だ。

 

さて、本作品男受け観点で見ると、少し残念に思えた点が2点ほどあるように感じられた。

 

まず1点目は男受けエッチシーンの総数だ。
本作品では、全8シーンのエッチシーンのうち、男受け系のエッチシーンは4シーンのみだ。

 

Sシチュは本格的ゆえ、男性受け作品が好きなプレイヤーの場合は
あまり嗜好的に楽しめる可能性は低いと思われる。
そのため、男受け目当てで購入すると4シーンしか楽しめない。

 

シーン自体はしっかりしているものの、やはりシーン数の
ボリュームという視点では少し悪く感じてしまうだろう。

 

もう1点は多彩なサブ的キャラとのエッチの無さだ。
本作品はエリアボスとのエッチシーンが中心だ。

 

しかし、一般的なビッチの中にもぽっちゃり系のキャラや
寝取り系のビッチキャラ、片言ビッチなどが登場する。

 

そういったキャラの強そうな敵とのエッチシーンが
なかったことが少し残念だった。

 

捕まった際の簡易セリフが非常にフェチに特化していた反面、
エッチシーンまで運ばれなかったのはすごく残念だろう。

 

特徴的な男受けシーンが楽しめそうな感じだったため、
少しもったいなかった印象がある。

 

続編がありそうな内容で終了しているため、
ぜひとも次回作では特徴的な男性受けシチュエーションも
見てみたいものだ。

 

男性受け作品として得点をつけるのであれば、
60点ぐらいであろうか。

 

シーンの質としては悪くないが、やはりMシチュ系シーンの
量は少ないように思えた。
価格も少し高めなので、Mシチュ目当てだけではなく、
アクションゲームや逆転もあるゲームという認識で
購入を検討するのが良いだろう。

ダウンロード

男受け作品レビュー 一覧

誰かに犯されたいと思ったら!
犯され相手別で逆レイプレビュー

ついにスマホまで逆レイプの魔の手が!

魔天使サクラの冒険 vol.3 -サクラとパスポートゲート- for Android ロリマゾ

コメントを残す